ホーム > News

熊本地震の被災地からのLCP ( Life continuity planning) 支援要請を受けボランティアを開始します。
ご一緒に活動をして頂けるボランティアスタッフを募集いたします。

 

2016年4月16日
パドルアウト株式会社
代表取締役社長 新谷 淳

パドルアウト株式会社は、熊本地震の被災地からのLCP ( Life continuity planning) 支援要請を受けボランティアを2016年4月18日よりスタッフチームが現場へ入り活動を開始します。

現在 熊本県各地で発生している群発地震の影響で熊本県の多くの自治体が業務停止状態に陥り、今こそ必要な住民サービスを提供出来ない状況になっています。
弊社では長年大変お世話になっています熊本各地に対して何かお手伝い出来る事は無いかと熊本県の多数の自治体と協議をした結果、LCP ( Life continuity planning) 支援ボランティアを実施する事になりました。
微力ながら被災された方々に一刻も早く安心をして生活出来る環境(衣食住に代表される)を各自治体が他自治体や県・国と連携をし、最速かつ満遍なく提供出来る様になる為の支援を開始いたします。
同時に東日本大震災でも実施をさせて頂いた、今後予想される全国各地から来られるボランティアの方々を、個々のスキルや適正・条件・グループ等を一元管理し、必要な地区へ必要なスキルのボランティアの方々を派遣する、ボランティアネットワークを構築させて頂きます。

合わせまして、この活動にご賛同を頂けます企業および個人のスタッフとしての参加をお待ちしております。

お問い合わせは ここをクリックして頂き、Q&A フォーム「ボランティア」をチェック頂き までお気軽にお問い合わせ下さい。
スタッフ一同、皆様の、お問い合わせをお待ちしています。